2007年09月16日

生活とは:メタボリック対策のための運動量の目標とい...

メタボリック対策のための運動量の目標というのがあります。
健康づくりのための身体活動量の目標というのが定められている。
その内容は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!そのうち4エクササイズは活発な運動を!というものとなっている。


メタボリック対策には内臓脂肪型肥満を防止することも大切である。
肥満には、洋ナシ型といわれる下半身肥満とリンゴ型といわれる上半身肥満タイプがあります。
洋ナシ型とは、下腹部や太もも、お尻に脂肪がつきやすい、ほとんどが皮下脂肪型肥満をいい、女性に多くみられます。
りんご型とは、特にお腹まわりに脂肪がついている内臓脂肪型肥満を指すといわれている。


メタボリック対策には、運動と生活活動を組み合わせて週23エクササイズ、そのうち4エクササイズは運動を行うことを目標とします。
継続することが重要なので、無理をせずに日常生活の中で生活活動量を増やしたり、ライフスタイルに合わせた運動を行うことが推奨されている。


メタボリックシンドロームでは、虚血性心疾患や脳血管疾患などの動脈硬化症疾患を発症する可能性が高くなる。
そのため運動習慣の徹底や食生活の改善など生活習慣の改善により内臓脂肪を減少させ、それらの発症リスクの低減を図る必要があります。


メタボリックメタボリック ファセオラミン1600 ダイエット【0706炎熱10】★炭水化物排出ダイエット
テレビで紹介!大反響!ファセオラミン(別名ファビノール)が炭水化物を排出!在庫あります!こちら


メタボリックメタボリックシンドローム予防の健康教育
教材を用いた実践的プログラム生活習慣改善支援シリーズ 著者:岡山明/小久保喜弘出版社:保健同人社サイズ:単行本ページ数:182p発行年月:2007年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)平成20年度に始まる「特定健診・特定保健指導」の策定に最適のテキスト。有効性が認められた生活習慣改善プログラムの全容を詳解。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 メタボリックシンドロームをキーワードにした保健事業/第2章 メタボリックシンドロームの疫学/第3章 メタボリックシンドロームの健康教育のポイント/第4章 生活習慣改善支援プログラムの実際/第5章 有効...


メタボリック近年話題の「メタボリックシンドローム」が気になる方を支援するための製品です。【健康食品】アップルフェノン-SW 120粒★送料無料★(りんごポリフェノール)【0726突破2】
あなたはウエストが気になっていませんか? コレステロール値が高めではありませんか? 中性脂肪が気になりませんか? 血糖値・血圧が気になりませんか? このような方にはリンゴポリフェノールがオススメです。 リンゴポリフェノールはアディポネクチンを増やします。 欧米では「An apple a daykeeps the doctor away(1日1個のリンゴが医者を遠ざける)」という諺があるように、リンゴは長く人々の健康を支えてきた果物です。 さらに、最近の研究でリンゴに含まれるリンゴポリフェノールは、現代社会における健康成分として注目されています。 「アップルフェノン(R)-SW」は、独自の技術に...



やさしいメタボリックシンドロームの自己管理


関連情報はここから⇒     
posted by y at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリック対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55600285

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。